長男が作ってくれた野菜炒め。

「だいじょうぶ?オレ、晩ごはん作ろっか?」

夕方、体調がすぐれず布団に突っ伏していたら、長男が声をかけてくれた。

わたしの知る範囲では、チキンラーメン(お湯をかけるだけ)とパスタ(茹でて市販のパスタソースをかけるだけ)のレパートリーしか持ち合わせていない長男。

「じゃぁ、お野菜でなにか作って」

それなら面倒だからやらない!と言われるかなと思いながらお願いすると、案外と素直に冷蔵庫を物色し

「ニンジンとキャベツとピーマンで野菜炒めにする!」

そう言って、本当に野菜炒めを作ってくれた。

「火がすぐ消える!」「何から焼けばいい?」「これ、もう焼けてる?」

と、何度も呼び出しをくらったことは引き算しても、お野菜すべてにちゃんと火が通っていて、味付けも濃すぎず薄すぎず、上々の出来だった。

長男は今度の誕生日で10歳。人間10年もあれば野菜炒めを作れるようになっちゃうんだなぁ。

最近の長男は、エネルギーが有り余りすぎて家族と衝突することが多く、わたしもキツく言ってしまうことが増えた。もう手に負えない!と思うことさえある。

けれど、普段のあれは一体何を見ていたんだろう?と思うくらい、野菜炒めを作る長男は穏やかで優しさに満ちていた。


なかじまさちこ(サチカメ!)

愛媛県西条市は丹原という長閑な土地を拠点に家族写真の出張撮影をしています。アニバーサリーだけでない日常写真の良さ、写真を形に残していくことの良さを伝えたい!...

プロフィール

関連記事一覧