長男が撮った写真の中の私は「母の顔」だった。人を勇気づける写真の力

こんにちは。家族写真の出張撮影サチカメ!の なかじまさちこ です。

昨日の記事で、公園で記念撮影をしたことを書きました。

このあとしばらく遊んで、ケーキを買いに行く組(夫、娘)とジュースを買いに行く組(私、長男、次男)に分かれました。

ケーキ組が先に出発する中、ジュース組はもう少し遊んでから行くことに。

すると長男が「オレも写真撮りたい!カメラ貸して!」と言ってきたので、私の一眼レフを貸しました。

絞り優先オート(Aモード)に設定して、ピント合わせの仕方と、ズームレンズであることだけ伝え、ストラップを首にかけさせたら、あとは好きなように撮らせていました。

遊具で遊んでいる弟や、公園の周りの建物など、いろいろカメラを向けていたようです。

ふと、視線に気がつくと、私も撮られていました。

長男が撮影した私1

ふいを突かれた表情。でもこれが「母」モードの私の顔。

優しそうで、リラックスしていて、悪くないなって思いました。

それから、たくさん私や次男のことを撮ってくれました。

膝の上に乗せて遊んでいるところ。

長男が撮影した私3
長男が撮影した私4

地面に這いつくばって撮ってくれましたよ。人工芝だったから、手足をつくとめっちゃ痛いのですが、「痛い〜」と言いながらがんばってました。

たたーっと走る次男。「こんどは、ぼくのうえにすわって!」と言われ、役割交代。いやー、これ無理あるでしょ。かなり腹筋プルプル言ってます。笑

長男が撮影した私5
長男が撮影した私6

写真の中にも、ゆったりとした幸せな時間が流れていました。

あらためて写真でその様子を「長男の視点」から見ると、本当にいい時間だったなぁと腹落ちするような感覚があります。

「母の顔」してる自分も悪くないなって思えたら、不思議と母業も仕事ももっとがんばろうって力が湧いてきました。

これが写真の力なのかも??

人を肯定し、勇気づけ、内側からエネルギーが沸くような。

私が撮りたい、届けたい写真のカタチがここにあるような気がしました。

 

「秋の撮影会」ご予約受付中

2019年11月17日(日)小金井公園にて秋の撮影会を開催します。

13:40〜と14:20〜の回が空いてます。ぜひご利用ください!

詳細 ご予約

一年に一度は家族写真

▼ご予約受付中▼

今日という日を、写真に。家族写真を撮りませんか?お問い合わせはお気軽に。

コンセプト プラン


なかじまさちこ(サチカメ!)

東京・杉並を拠点に家族写真の出張撮影をしています。アニバーサリーだけでない日常写真の良さ、写真を形に残していくことの良さを伝えたい!プライベートでは二男一女...

プロフィール

関連記事一覧