こどもフォトグラファー1dayワークショップ-たまねの夏祭りver-のお知らせ

8月の終わりの日曜日、「たまね1周年夏祭り」の中で、子ども向けの写真ワークショップを開催します!

これはわたしがずーっとやりたかったことの一つ。

子ども「が」カメラの使い方を学び、子ども「が」フォトグラファーになるワークショップです。

どんな出会いや発見があるか、そして何が生まれるか。今からとても楽しみです♪

カメラ好きのパパさん、ママさん、

この夏は、ご自身のカメラをお子さんに預けて、お子さんを「こどもフォトグラファー」デビューさせてみませんか?

提供したいのは写真を通じた親子の時間

私は長年趣味として写真を楽しんでいましたが、今ではそれが仕事になるくらいにのめり込んでいます。

私の写真好きが高じて、長男に初めて一眼レフを持たせたのは彼が4歳の頃でした。
「子どもだけど、きっとちゃんと教えればできるようになるはず」
そう考えて、はじめからマニュアルモードで撮りながら、仕組みと操作をレクチャーしました(スパルタ!笑)

やってみてわかったのは、”カメラの理解に大人との差はない”ということ。
そして「いい感じに撮れた!」という時のうれしそうな顔と、モニターの写真を見ながら親子であーだこーだ言う時間は最高に愛おしいものでした。

この体験をぜひ、カメラ好きのパパママとも分かち合いたい!
子どもにも写真を撮る楽しさをもっともっと知ってもらいたい!

そんな思いで今回のワークショップを企画しました。

野球好きの親子が公園でキャッチボールをするように、
お料理好きの親子が一緒にお菓子作りを楽しむように、
このワークショップをきっかけに、「写真」が親子の時間を育む道具の一つになってくれたらと願っています。

ワークショップ概要

時 間: ①10:30〜②13:30〜(90分程度)

対 象:4歳〜小学生の親子(3年生以上は子どものみの参加可)

定 員:各回4組

参加費:3,500円

持ち物:一眼レフカメラ又はミラーレスカメラ、SDカード、飲み物、帽子
    ※カメラの貸出はありません
    ※外に出るので各自暑さ対策をお願いします

主 催:サチカメ

内容

写真の面白さをギュッとつめこんだ3部構成

1. 一眼レフカメラってなーに?(仕組みと使い方)

2. 外に出てたくさん撮ろう!(実習)

3. ぼくのわたしのベストショット発表会
※プリントした作品のお土産付き

予約はこちらから

WSは予約制です。(空きがあれば当日参加も可能)
参加予約をする

講師プロフィール

中島佐知子 / フォトグラファー
1981年兵庫県生まれ、東京育ち。3児の母。長男の妊娠・出産を機に、かつてから好きだった写真に取り組み始める。会社勤めをしながら写真教室に通い、わが子を被写体に作品制作を進める中で、2015年の御苗場vol.17ではエプソン賞を受賞。2017年秋、12年半勤めた会社を退職し、フォトグラファーに転身。現在は、家族写真の出張撮影や写真ワークショップを行なっている。


中島佐知子(サチカメ!)

”お客様の日常に寄り添い、何度も見返したくなる写真”をモットーに出張撮影のフォトグラファーをしています。杉並区在住。二男一女の母。

プロフィール

関連記事一覧