職場の50代を見て、20年後を考えた。複数の場を持ち好きなことに打ち込むこと。

わたしは普段、会社員として働いています。

職種はシステム開発。

今は6人チームであるひとつの業務というくくりを担当しています。

はじめはわたし一人だったところに、一人ずつメンバーが増えていったのですが、わたし以外の5名はみなさんアラフィフ!

自然と自分の50代を考えるようになりました。

趣味が充実!

わたしの周りの50代のみなさんは、それぞれに趣味が充実しています。

それなりに忙しい業種ですが、オフの時間を大切に過ごしてこられたことがうかがえます。

年齢を重ねている分なのか、今まで職場で出会った人とは桁違いな充実っぷりで。話を聞いているだけでとてもおもしろいんです。

ある人は、サーフィンと自転車。

ある人は、バイクとキャンプ。

また、乗馬が趣味という人も!

サーファーの上司

海系のことにはとんと疎かったわたしですが、サーフィンの話を毎日のように聞くようになって(毎日のように雑談してます。笑)、サーフィン用語にもちょっとだけ詳しくなりました。

サーフィンは自分ではきっとやらないなぁとは思うのですが、話を聞いているだけでもその面白さは伝わってきます。

波情報をこまめにチェックして海に出られるタイミングを心待ちにしていたりとか、ジャンクな波だったときのエピソードとか、海で出会った人の話だとか、波のことになるとほんとに嬉しそうにしているので、こちらもそのオーラを受け取ってなんだかウキウキしてしまいます。

その人と仕事するようになって、「サーファー=チャラい」っていうイメージ(どんなだ!?)が、「サーフィンは自然を相手にしたスポーツ」という印象に変わりました。

バイクとキャンプ

バイクとキャンプが趣味の方には、家族でキャンプへ行く際にいつもいろいろ相談に乗ってもらっています。

先日、はじめてテントを張ったのですが、寝袋を用意した方がいいのかがわからなくて相談しました。

すると、

レンタルの寝袋は汗臭いにおいがしみついているのでオススメできない
車で移動して荷物が積めるのであれば布団を持っていけばいい
川原でテントを張るならば銀マットを用意した方がいい。下がゴツゴツしていると寝られないよ
奥多摩でこの季節であれば気温はこれくらいだから長袖はいるよ

なんてことを、さらさら〜っと教えてくれて!

銀マットのおかげで無事に一泊、熟睡できました。

毎週末のように一人キャンプへでかけ、行った先で同じような仲間と出会ったり、またそういう仲間同士であらかじめ約束して現地へ向かうこともあるそうで、「そんな世界があるんだ〜!」といつも楽しくお話を聞かせてもらっています。

週末のお天気が雨予報だとちょっとプンプンしてたりして(笑)、計画的に長期休みを取るし(もちろんキャンプのため!)、そういうところが本当に見ていて楽しそうで、仕事はちょっとくらいおっちょこちょいでも許せちゃいます。

好きなことを極めて人生を楽しんでいる

諸先輩方を見ていると、好きなことをトコトン極めて、人生を楽しんでいるなぁ!と感じます。

そしてそんな姿がとっても若々しくて輝いている。魅力的です。

拠り所が「仕事一本」じゃなくて複数あることが強みになっているように見えます。

出向く場が複数あると、人間関係もそれに比例して複数あるわけですよね。

複数のレイヤーの中で自分のいろんな面を発見していくことで、なにかあったときに揺るがないしなやかさにきっとつながっていきます。

もし仮に今、会社の仕事がなくなってしまったとしても、こういう人ならすぐに他のフィールドで立ち上がることができちゃうんじゃないかと思います。まぁ最初はショックで少し落ち込むかもしれませんが。

どんな50代になっていたい?

わたしもこんな風に、なにか一つにかたよらず複数の場を持ち、それぞれの場で好きなことをトコトン極めているような50代になっていたいです。

あとは絶対「健康」であること!

健康でないと、好きなことをしようにもできませんからね。

好きなことは、仕事でも趣味でも、社会のことでも家の中のことでも、なんでもいいけど、とにかく自分が心から打ち込めるものに時間も気持ちも注いでいって、そこにいる人との出会いも楽しんで、、、

そんな風に暮らしていったら、わたしの周りのステキな50代の方々のようになれるかな。


なかじまさちこ(サチカメ!)

愛媛県西条市は丹原という長閑な土地を拠点に家族写真の出張撮影をしています。アニバーサリーだけでない日常写真の良さ、写真を形に残していくことの良さを伝えたい!...

プロフィール

関連記事一覧