脱・親バカ写真!テーマをもって撮りためると子ども写真が「作品」になる

あなたは、自分が撮った子どもの写真を見せたとき、どんな反応をもらえると嬉しいですか?

わたしは「おもしろいね!」と言われると嬉しいです。

ただの親バカ写真だわ〜ってなっちゃうと少し残念。伝わらなかったわぁってなります。

このおもしろさがどうやったら伝わるか、と日々考えています。

今日はその中のひとつをご紹介。

テーマを持って撮りためる

子どもの写真もなにか「テーマ」を持って撮りためてみると、それだけでおもしろい作品になります。

わたしはある時から長男の「ジャンプ写真」を撮っています。

ジャーン!

気が向いたときに撮る程度ですが、何枚かたまるとシリーズ化されてそれだけでおもしろいですよね!

ただの親バカ写真に終わらせない!

わたしの場合は、子どもの写真をただ「かわいいね」で終わらせたくないところがあります。

(ひねくれてるかな!?「かわいいね」ももちろん嬉しいです!)

とくに、写真展で展示する「作品」にする場合にはその辺りをよーくよーく考えます。

子どもを持って、一緒に生活するようになり、その行動・仕草・考え方、生き方そのものがいつもわたしの想像を超える意外さがあって

日々笑ったり切なくなったり考えさせられたりしています。

そういった部分を伝えたい!分かち合いたい!と思っているから、「かわいいね!」より「おもしろいね!」が嬉しかったりします。

せっかくなら子ども写真をただの親バカ写真に終わらせたくない!

他人に共感してもらえる写真、それがつまり「作品」ということだと思うのですが、

子ども写真を「作品」に仕立てていくにはちょっとしたコツがあります。

そんなことも写真のコツシリーズの中でお伝えしていけたらと思います。

 

一年に一度は家族写真

▼ご予約受付中▼

秋です。木々が色づき始め、光がやわらぐこの季節は、写真撮影にもってこい。年賀状用の家族写真のお問い合わせもポツポツと入り始めましたが、最近は年賀状を送らないご家庭も増えていますよね。そんな方も、この季節に「一年に一度の家族写真」を撮ってみませんか。お問い合わせはお気軽に!

撮影メニュー

ワークショップ

■11/22(木)スマホ写真講座

知れば変わる!人物写真が得意になるスマホ写真講座 @江戸東京たてもの園
スマホで写真をよく撮る。
風景や静物を撮るのは得意。
でも、人物を撮るのはちょっと自信がない。
カメラを向けた相手をもっと素敵に撮ってあげたいな...!

そんな方のための、人物写真撮影の技術を学ぶ講座です。

申し込みはこちら

■11/29(木)こども写真 はじめの一歩

これからカメラを始めたい人、再開したい人に向けて
・「いい写真」を撮るための視点
・まずは押さえてほしいカメラの使い方
・実際にカメラの設定をして撮ってみる
をぎゅぎゅっと凝縮してお届けする時間です。

11/29(木) 千駄木駅のまちの教室KLASSにて!

申し込みはこちら


中島佐知子(サチカメ!)

”お客様の日常に寄り添い、何度も見返したくなる写真”をモットーに出張撮影のフォトグラファーをしています。杉並区在住。二男一女の母。

プロフィール

関連記事一覧