「好き」を深掘るとその人自身が見えてくる。

わたしはコーヒーが好きです。

ということは、以前にも書かせてもらいました。

「香りが好き」

「コーヒーを囲む時間が好き」

ただ物質としてのコーヒーではなく、それにまつわる空間的なものも含めてコーヒーが好きなんだなぁと思います。

ピアノの先生とのコーヒータイム

コーヒーに関する一番古い記憶は、母とピアノの先生です。

子どもの頃、きょうだい全員でピアノを習っていたのですが、教室へ通うのではなく、先生がうちへ来てくださる形式でした。

一人30分ずつくらい、4人きょうだいのレッスンを終えた後、必ずお茶をする時間がありました。

そのとき、お出ししていたのがいつもコーヒー、それも決まってブラックでした。

母は「コーヒーはやっぱりブラックよね」というタイプで、ピアノの先生もそうで、気が合うのがうれしそうに見えました。

わたしは子どもだったので飲めなかったけれど、豆を挽いたり、サイフォンのアルコールランプの火を、いいタイミングで消したり、というお手伝いをしていました。

立ち上るコーヒーの香り。そしてはじまるお茶の時間。

とても笑い上戸な先生で、どんな取るに足らない話題でも、楽しそうに聞いてくれたのがすごく心地よくて、大好きな時間でした。

わたしもいつか大人になってコーヒーが飲めるようになったらブラックコーヒーをかっこ良く飲みたいなぁ。そんな風に思っていました。

理想のコーヒーを求めて

わたしにとって「大人」の象徴であり、楽しい時間の代名詞でもあるコーヒー。

残念ながらあまりブラックは得意ではなく、いつもミルクを入れて飲むのですが、それでも週末のコーヒータイムはあの頃と似たようなホッとできる時間です。

最近では、豆の選び方とハンドドリップの方法について習ったので、毎度、「理想のコーヒー」を目指して試行錯誤しています。

そうそう、わたしには目指す味、理想のコーヒーがあるんです。

それは友達と横浜へ遊びに行ったときに、たまたま入ったカフェで飲んだコーヒーでした。

一緒に行った友達は、高校からの腐れ縁の二人。わたしは、まだ歩けない赤ちゃんだった娘を抱っこして、久々の横浜の繁華街に心が踊った記憶があります。

中華街や山下公園などを適当に散策し、どういう流れか入ったカフェで、わたしはブラックコーヒーを注文しました。

わたしたちが座った席の目の前は大きなガラス窓になっていて、外一面は緑の木々、まるで森の中にいるかのような空間でした。

いつもならすぐにミルクを入れてしまうところ、なんとなくその日はブラックのまま飲んでみたい気がして、恐る恐る口にすると

トロンとした口当たり、苦味はあまり強くなく、スーッと喉に入っていく感じ。

ああ、おいしい。

それ以来、この時のコーヒーの味がわたしの「理想のコーヒー」になりました。

どんな豆を使っているのか、どこのお店だったか、何も覚えていないのですが、体にわずかに残った記憶だけを頼りに、この味を再現できないものかと格闘しています。

いま、手元にあるこの豆を使って、この豆の味を最大限に引き出して、おいしいコーヒーを淹れられたならば、きっとあのときの横浜のコーヒーの味に近づくはず。

そんなことを思いながら、試行錯誤し、探求していく、そのプロセス自体が楽しいんだろうなぁ。

「好き」を深掘りすることで見えてくるコアな部分

コーヒーが好き。

それを深掘りしていくだけで、いろんな側面が見えてきました。

「大人の象徴、憧れの対象としてのコーヒー」

「ホッとする、楽しい時間の代名詞であるコーヒー」

「答えのないものを探求するという意味でのコーヒー」

なんとなく好き、なんとなくホッとする、と思っていたけど、子どもの頃のあの時間が原体験だったのかと気付くと、自分の「好き」に確信が持てます

好きなものがたくさんある、好きなものに囲まれる毎日って、単純に幸せですよね。

また、答えがないものを探求する、そのプロセス自体をおもしろがっているという一面については、写真も同じだよなー!と思いました。これは大きな発見です。

コーヒーと写真、一見まったく違うものを好きなようだけど、コアな部分では通じるものがあるんですね。

そうして見えてきた自分自身というものは、とても揺るぎない存在で、嘘のない姿なんだと思います。

あなたもぜひ、ご自身の「好き」を深掘りしてみてください。

そこにはあなた自身につながる共通の何かがあるかもしれません。

 

一年に一度は家族写真

▼ご予約受付中▼

秋です。木々が色づき始め、光がやわらぐこの季節は、写真撮影にもってこい。年賀状用の家族写真のお問い合わせもポツポツと入り始めましたが、最近は年賀状を送らないご家庭も増えていますよね。そんな方も、この季節に「一年に一度の家族写真」を撮ってみませんか。お問い合わせはお気軽に!

撮影メニュー

ワークショップ

■知る!撮る!味わう!写真WS

カメラを持ち寄って、
レクチャー&撮影を繰り返しながら
いっぱい写真を撮って、
その後ランチかお茶をしながら
撮った写真を振り返る
という体験型写真ワークショップ。

<大人ポートレート>
・10/25(木) 10:00〜14:00 @新宿

<子ども写真>
・11/1(木)or2(金) 調整中

申し込みはこちら

■11/29(木)こども写真 はじめの一歩

これからカメラを始めたい人、再開したい人に向けて
・「いい写真」を撮るための視点
・まずは押さえてほしいカメラの使い方
・実際にカメラの設定をして撮ってみる
をぎゅぎゅっと凝縮してお届けする時間です。

11/29(木) 千駄木駅のまちの教室KLASSにて!

申し込みはこちら


中島佐知子(サチカメ!)

”お客様の日常に寄り添い、何度も見返したくなる写真”をモットーに出張撮影のフォトグラファーをしています。杉並区在住。二男一女の母。

プロフィール

関連記事一覧