祖父の死。子どもたちのために記録を残す。

1月2日に祖父が他界した。92歳だった。

こういうことをブログに書いていいのかはためらわれたけど、わたしにとっても、子どもたちにとっても、忘れられない大切な経験だったので、やっぱり記しておこうと思う。

子どもたちにとっては「ひいおじいちゃん」である。そして身近な人が亡くなる、初めての経験だった。

23年前の話

ちょうど23年前の今日、1995年1月17日、阪神・淡路大震災の日に、父方の祖母が亡くなった。

震災とは直接関係のない、病気が原因の死だったのだけど、わたしにとって初めて身近な人が亡くなるという経験だった。

葬儀が終わった後、父がわたしに言った。

「おばあちゃんが亡くなった今の気持ちを、どんな形でもいいから書き残しておきなさい」

わたしはその言葉に素直に従い、ちょうどその頃、中学校の授業の中で新聞を作る課題があったので、その新聞の中に「祖母の死」の記事を書いた。

新聞自体はもう手元にはないけれど、「おばあちゃんの肌がとても冷たかった」「死んでしまうと、もう話すことができない」ということを書いた記憶がある。

祖母の危篤からお葬式までの数日間のこと、そのとき感じたことを今でもちゃんと覚えているのは、それだけショックが大きかったのもあるけれど、「ちゃんと書き残しておいた」というのも大きいと思っている。

当時の父に感謝している。

今回、うちの子供たちは当時のわたしよりずっと小さい。次男に関しては記憶の外だろう。上の子たちだってどうだかわからない。

彼らが将来これを必要とするかはわからないけれど、まだ、ちゃんと言語化することができない子どもたちに代わって、記録を残しておきたい。

つづく。


なかじまさちこ(サチカメ!)

愛媛県西条市は丹原という長閑な土地を拠点に家族写真の出張撮影をしています。アニバーサリーだけでない日常写真の良さ、写真を形に残していくことの良さを伝えたい!...

プロフィール

関連記事一覧