東京湾に浮かぶ無人島「猿島」の魅力を写真たっぷりにご紹介。

夏休みに猿島に行ってきました。とってもいいところでしたー。魅力を一言で表すなら、、、「いろんな表情が楽しめる!」ってことかなぁ。仲間とBBQや海水浴、史跡探索、釣り、などなど、いろんな趣味・年代の人がそれぞれの楽しみ方をしている印象でした。

ちなみに私は一人旅、でした。30代女子のお一人さまは私以外見受けられませんでした(笑)。男性はいたけど。

まずは、たくさん撮ってきた写真をお届けします☆

若者はビーチでBBQ!海水浴!

DSCF0981

フェリーに並んでるときから、クーラーボックスや買出ししたお肉や野菜を持った若者達(と言っちゃってる時点で自分は年取ったなって感じる!笑)がたくさん目につきました。

聞こえてくる会話から大学生かな?バイト先の仲間かな?と関係性を想像するのが楽しい。

海水浴に来た風の家族連れも何組かいました。

フェリーから降り立ってみると、すでに砂浜はBBQの煙でもくもく!

DSCF0983

海のすぐ向こうには横須賀の街。蜃気楼のような、不思議な世界。

青春だなー。でも私の今回の目的はここではない。

島の中心部はしっとりした大人の避暑空間

DSCF1005

DSCF1010

猿島はかつては東京湾を守る要塞の島として、砲台や展望台を備えていました。いまはその役割は終えていますが、平成27年に「国史跡」に指定され、その歴史遺産や自然を見に訪れる人も多くいます。

 

この道を歩いてみたかった!

夏の日差しが照りつける、とっても暑い日でしたが、このエリアは生い茂った木々のおかげて涼しくて、アップダウンはちょっときつかったけど、歩くのにそれほど苦労しませんでした。

ときどき足を止めて、その湿度や風、トンビの声などに耳をすませ、自然を感じる時間が幸せでした。

DSCF1014

DSCF1022

DSCF1021

トンネル。

DSCF1027

つたの葉。

DSCF1031

ときどき開けるところに見える海。

DSCF1064

かつての展望台。

DSCF1070

夜は歩けないだろうな。

DSCF1056

忘れ去られたもの。

DSCF1044

DSCF1076

二人で来るのもいいだろうな。

DSCF1061

くるくる回る葉っぱ。こういうのを見ると、「ここには神様がいそう」って思ってしまう。

岩場に打ち寄せる波。釣り人の姿も

DSCF1079

釣り人もけっこう見かけたんですよね。ずんずんずんずん島の奥の方まで進んでいくと、いくつか岩場に通じる道があって、そこは釣りスポットになってるみたい。

DSCF1080

こんな景色を見ながら釣りをするんでしょうね。

アクセス

最後に、猿島へのアクセスも記しておきます。

横須賀の三笠公園からフェリーに乗ること約10分、猿島に到着します。

京急横須賀中央駅からフェリー乗り場までは徒歩15分。

DSCF0952

こちらのホームページの道案内が詳しかったので、初めての場所だったけど、迷わず着くことができました。

DSCF0960

DSCF0963

チケット売り場は、こんなバラック小屋のような作りでした。

トイレだと思って間違って入っていくおじさんがいました(笑)。でも、その気持ちわかるよー。

料金は大人1300円(往復)。

フェリーは1時間に1往復。ちょうど往きの船が出てしまったばかりだったので、約1時間の待ちぼうけ、でした。

往きは毎時30分、帰りは毎時45分に出航するので、これを目安にお出かけください。

 


なかじまさちこ(サチカメ!)

愛媛県西条市は丹原という長閑な土地を拠点に家族写真の出張撮影をしています。アニバーサリーだけでない日常写真の良さ、写真を形に残していくことの良さを伝えたい!...

プロフィール

関連記事一覧