寝てるあいだにお腹いっぱいになったらいいのに!

めんどくさがり屋を自負している長男。

食べたあとの食器を流しに運ぶ、ちょっとの距離でさえも、「歩くのがめんどくさい」と言ってやらない。

脱いだ靴下が部屋に落ちている。洗濯カゴに入れるように言うと、やっぱり答えは「めんどくさい、やっといて」

答えはわかってはいたけどイラっとする。(我が家は「自分のことは自分で」の方針のため、靴下は部屋にころがったまま。それもなんだかいやだ。)

お風呂に入るのもめんどくさい。

宿題やるのもめんどくさい。

なにかにつけてはめんどくさい、めんどくさいと言っている。

ある日、「あー、寝てるあいだにお腹いっぱいになったらいいのに!」と叫んでいた。

ついに食べることさえもめんどくさくなったのか!給食のおかわりジャンケンに情熱を燃やしているような人なのに!

イラッを飛び越えて、吹き出してしまった。

もしかしたら、こういう発想からとんでもない発明が生まれるのかもしれない。

彼の将来に大きく期待しよう。


なかじまさちこ(サチカメ!)

フォトグラファー。二男一女の母。今日という日を、写真に。をコンセプトに、ご家族の記念日や日常を写真に収める出張撮影サービスを営んでいます。2020年夏、30...

プロフィール

関連記事一覧