アートとデジタル技術に魅せられた一日。子どもにはいろんな世界を見せてあげたい。

先月のことですが、
渋谷ヒカリエで開催されていた
チームラボの「未来の遊園地」
遊びに行ってきました。

(いまサイトを見てみたら、
ちょうど先日で会期が
終わってしまったようです。
もしこの投稿を読んで
行ってみたいなと思った方がいたら
スミマセン!!)

私たち家族にとって、
こういう場所にでかけることは
滅多にないこと!
(人工的でお金がかかる場所
にはあまり行かない、、、)

でも行ったら行ったなりに
おもしろくて発見もありました。

予備知識なしで

行った日は
夫婦そろって夏休みが取れて、
家族全員がそろった
唯一の日だったのですが、
天気予報はあいにくの雨。

せっかくだからどこか出かけて
子どもたちを楽しませて
あげたいなーと
前日の夜にいろいろ検索していて
ヒットしたのがここでした。

しばらく前から子どもたちが
「ゆうえんちにいきたい!!」と
言っていたけど
叶えてあげられてなかったので、
「未来の遊園地」って
ネーミングにピンときて。

ざっくりサイトは見てみたけれど、
ほとんど予備知識もないまま、
行くことにしました。

夢中になっていた子どもたち

子どもたちはとにかく夢中に
なっていました。

詳しい説明はサイトにゆずりますが
(ざっとスクロールするだけでも
雰囲気わかります)、
ライティングと映像表現が、
ふだん目にするものとは
かけ離れたものだったので、
ぐいぐい惹きつけられていました。

自分でぬり絵したものを
スキャンしてもらうと、
次のゾーンでその絵が
映し出されたり、

壁に次々とあらわれる
「象形文字」をタッチすると、
それが意味する「動物」が
現れたり、

光線に触れると
その色が変化したり、
音が出たり、、、

自分たちが
はたらきかけることによって、
光なり映像なりが
さまざまに形を変えていくのが
おもしろかったようでした。

自然かデジタル技術か

私たち夫婦は
どっちかというと「自然」派で、
休みのときはピクニックしたり
キャンプしたりという
過ごし方をしてきました。

とくに子どもが生まれてからは、
東京では触れられない
自然を体験させようと、
自然の多いところへ
出かけることが多いです。

対して、
こういうお金のかかる
エンタメ的なことには
あまり関心が湧かなくって、
今までほとんど
行ったことがありませんでした。

でも今回でかけてみて、
自然ももちろんいいけれど、
アートやデジタル技術でも
子どもたちはこんなに
夢中になって生き生きするんだ!
という発見がありました。

子どもに
こういう世界もあるよっ
て見せられたことは
よかったです。

自然が善、
デジタル技術は悪、
とか、そいういう話ではなくって、

この世の中には両方あり、
それぞれにおもしろい
ってことを体験できたかなと思います。

光や映像で人々を楽しませる、
という世界があることを知らなければ、
それを仕事にしている人がいる
ことにも思い至りませんよね。

子ども時代になにを見てきたかって大事。

やっぱり子どもたちには
いろんな世界を見せて、
可能性を広げていってほしいです。


なかじまさちこ(サチカメ!)

愛媛県西条市は丹原という長閑な土地を拠点に家族写真の出張撮影をしています。アニバーサリーだけでない日常写真の良さ、写真を形に残していくことの良さを伝えたい!...

プロフィール

関連記事一覧