働き方を変えた理由。季節を感じながら生きたい。

去年の今頃考えていたこと

10月から働き方をガラッと変えて、早1ヶ月半が経った。

12年半勤めた会社を退職したので、喪失感とか、もしかしたらあるかな?と考えなくもなかったけど、今のところ大丈夫そうだ。

去年の今頃は、秋晴れの空を見上げながら、また、日に日に色づいていく木々を眺めながら、

「外はこんなに晴れて、紅葉もキレイなのに、一日中ビルの中でいったい私はなにをやっているんだろう?」

と考えていた。

システム開発という職種上、セキュリティが厳しく敷かれた環境だったし、

お昼もお弁当を持っていくか食堂で買っていたので、朝来ると夕方帰るまで一回も空を見ない日もざらだった。

「こんな晴れた日に公園に行ってたら、いい写真がいっぱい撮れそうだな〜」

しょっちゅう、そんなことを思っては、

「でも今はここで任された仕事がある。子育てとの両立を応援してくれる環境もある」

と自分を奮い立たせていた。

環境は自分で選ぶ

一方で、「この環境は自分で選んでいるんだ」ということも常に言い聞かせていた。

就職した動機がどうであれ、産休育休を取った理由がどうであれ、今自分は自分で選んでここにいるんだと、言い聞かせていた。

誰のせいでもなく、自分で選んでいる。

そう思うことで、「違う環境に行くことも自分で選べる!」と思いたかったのかもしれない。

季節を感じながら生きたい

「写真を仕事にしたい」の背景には実はいろいろな思いがあって、そのひとつに「季節を感じながら生きたい」というのがあったのは大きい。

一日中ビルに缶詰めの生活は、わたしの魂が喜んでいない気がしたのだ。

かくして今は去年とはまったく違う環境にいるわけだけど、出張撮影で昼間から外に入れることが本当にうれしい。

朝日から夕日までいろんな太陽の光を浴び、風を感じ、落ち葉を踏みしめ、刻々と移り変わる光と陰を見極めながら最高の写真を撮る。

それが「仕事」となっていることの喜び。

もちろん、「仕事」となることでのプレッシャーもあるのだけど、それをも上回る喜びである。

この喜びが写真に現れていたらいいなと思う。

この生活を一日でも長く続けらるように、今できることをひとつひとつ丁寧に積み重ねていきたい。


なかじまさちこ(サチカメ!)

愛媛県西条市は丹原という長閑な土地を拠点に家族写真の出張撮影をしています。アニバーサリーだけでない日常写真の良さ、写真を形に残していくことの良さを伝えたい!...

プロフィール

関連記事一覧