一瞬一瞬変化する自分をジャッジしない

夏至のキャンドルナイトに参加しました

こんにちは。なかじまさちこです。

昨日、2020年6月21日は夏至でしたね。今回の夏至は蟹座の新月とも重なり、さらに日食を伴う新月ということでとてもとてもパワフルな日。

この影響は今後半年間続くそうです。

そんな特別な夏至の夜に、「キャンドルナイト」というオンラインイベントに参加しました。

各自がろうそくを灯し、オンラインで集合。しばしの瞑想ののち、言葉を発したい人から発していきます。

参加しているのは、以前にリトリートなどでご一緒した方々。

うちうちのイベントだったため、顔見知りの方がほとんどで、とても安心感がありました。

幼稚な自分

いま、私はとても大きな変化の渦の中にいると感じています。

その中で、決定的な変化が訪れることはもうずっと前に決まっていて(自分で決めて)、それに向けて準備をしないといけないこともわかっています。

けれどなかなか前に進めなかったり、やらなきゃいけないことを先延ばしにしてしまっています。

こんな自分をとても「幼稚だ」と思って、心の中で責めてしまいます。

そんなことを、ぽつり、ぽつりと話しました。

一瞬一瞬変化する自分をジャッジしない

でも、気持ちが揺らぐことは誰にでもあります。

ましてや大きな変化の渦の中、前向きな気分の日もあれば、怖くなって動けない日もある。

大事なのは、一瞬一瞬変化する自分をジャッジしない、ということ。

前向きな日も、あるよね。怖くて動けない日も、あるある、当然だよ。

いやだな〜って思う自分も、楽しみ〜!って思う自分も、どっちもある。

どちらがいい悪いではない。

ただ、一瞬一瞬変化する自分をニュートラルに感じればいい。素直に出せばいい。

そんな言葉をいただき、心のどこかでもつれていた糸が、すうーっとほどけるような心地よさがありました。


なかじまさちこ(サチカメ!)

愛媛県西条市は丹原という長閑な土地を拠点に家族写真の出張撮影をしています。アニバーサリーだけでない日常写真の良さ、写真を形に残していくことの良さを伝えたい!...

プロフィール

関連記事一覧