【畑週報#4】草削りをしました

朝晩はググッと冷え込みますが、昼間はすかっと秋晴れのお天気が続いています。日中は日差しが強く、体を動かしていると汗ばむくらいの陽気です。

さてさて、今週も畑週報をお送りします!

10月第5週の畑の様子

先週

畑

今週

畑

大根の葉がぶわっと広がったのがわかります!

各お野菜の様子

大根

大根です。またまた大きくなってきました。

大根

実は種の撒き方を間違ってしまって、一ヶ所に3本ずつ生えています。本来は種は一粒ずつ、少し間隔を開けて植えるものだそうです。

そろそろ、「大きい一本を残して、残りを抜いてあげないといけない」と、隣の農家さんにアドバイスをいただきました。抜いた小さい大根は、お浸しにできるそうです。

もし小さい大根を抜いたら、これが最初の収穫になるかも!

春菊

春菊も日に日に伸びています。

春菊

春菊

ブロッコリー

ブロッコリーです。ネットがあるため不鮮明ですが、日に日に大きくなっています。2本植えたうちの1本だけ大きくなって、もう1本はあまり大きくなっていません。まだ実はつけていないようです。

ブロッコリー

白菜

白菜も大きくなりました。

白菜

葉っぱはほとんど虫食いされています。お隣の農家さんに伺ったところ、「いま出ている葉は食べる部分じゃないから大丈夫」とのことでした。食べる部分はこれから中心の部分からくるっと巻いて出てくるそうです。

キャベツ

キャベツです。

キャベツ

キャベツも白菜と同様、まだ望みを捨てなくてよいようです!

草削りをしました

夕方、たまたま隣の農家さんが来ていたので、気になっている雑草のことを聞いてみました。

「このまま放っておいて、いいものですかねぇ?」と聞くと、「だめだめ。草削りをするんだよ」とやり方を教えてくださいました。

草削りというのは、この道具のこと。

草削り

草削り

これを横向きに使って、三角の長辺の部分で雑草のある土の表面を掘り起こします。そのまま何日かおいておくと削った雑草が乾燥して枯れていくというもの。

ポイントは「晴れが続いて土が乾燥しているとき」に行うこと。なぜなら、雨で土が濡れている時は、せっかく掘り起こした雑草の根が再び根付いてしまうからだそうです。

道具を貸してくださったので、さっそく週末に削ってみました!次男が手伝ってくれました。

草削り

見た目以上に重たいので、子供の力だとぐさっと深く刺さってかなり土を掘り返すことになりました。

削った直後はこんな状態です。

大根

これで草が枯れてくれるのかな?数日後、また様子を見てみたいと思います。

これまでの畑レポート


なかじまさちこ(サチカメ!)

愛媛県西条市は丹原という長閑な土地を拠点に家族写真の出張撮影をしています。アニバーサリーだけでない日常写真の良さ、写真を形に残していくことの良さを伝えたい!...

プロフィール

関連記事一覧