逆算思考。届けるところまでイメージした発信をする。

安心して発信できる場、自分にとって基地のような場を、なにか一つ決めておくといいですよね。

発信のツールはいろいろあるけど(ブログ、Facebook、Instagram、Twitter、メルマガ…)、それぞれで「読んだ人がどんな気分になってほしいか」をイメージして発信するといい。

昨日は、野本由美子さんの法人設立一周年記念の講演会に出席しました。

由美子さんは、10年くらい会社員でバリバリの営業マンをしたあと、個人事業主を5年くらい、その後法人を設立されました。

わたしは由美子さんがまだ会社員の頃に知り合って、SNSを通じて近況を垣間見たり、写真という共通項で数年ぶりにお会いしたり、また由美子さんが星詠み(占星術)の鑑定を始められてからはグループセッションという形でホロスコープを詠んでいただいたこともありました。

わたしの周りの、事業家として活躍している数少ない人として、由美子さんの活動はいつも気になっているし、応援させていただいています。

名言だらけの講演会

そんな由美子さんの講演会は名言の連発。

長く続ける秘訣は、変化をいとわないこと。コアを明文化すること。

安定=変化していること。回っているコマのように。

発信しつづけることで、人とつながる、思いが整理される、認知される。

「お役立ち性」と「自分の思想(フィロソフィー)」の両方を発信に乗せる。

人生が加速するとき、人の入れ替わりは必ずあるが、空いたスペースには次の人がくるもの。注目を浴びることを怖れないこと。

ゴールをイメージして、逆算思考。発信するときも、これを読んだ人にどうなってほしいのか?をイメージしてから出す。

発信を続けるコツは、安心して発信できる場(基地)を決めておくこと。

などなど。

由美子さんのストーリーに乗せ、多岐にわたるお話をしてくださいました。その中でも、わたしにとっては「発信」がキーワードだったように受け取れました。

届けることまでイメージした発信

”発信を続けること”

これはまさに、今わたしが取り組んでいるテーマ。そしてさらに、

”発信し、届けること”

これは、わたしにとって新たな課題なんじゃないかと思いました。

「これを読んだ人にどうなってほしいのか?をイメージすること」を、ほとんどしてこなかったなと、講演を聞いていてハッとしたんです。

講演の中で、ゴールのイメージから遡って考えることを、「逆算思考」という風に表現されていました(知られた言い方なのかな?)。

ゴールをイメージして、そこから逆算して発信のしかた(ツール含め)を決める。

わたしのことに振り返って考えてみると、発信はするけれども、むしろ誰も見ないでおくれ〜、もう隠れたい〜、という気持ちがずっとずっとあります。ブログという、世界中の人が見れる場で発信しているのに!

わたしにとっての発信は、あくまで自分の思考整理のため。

こう自己完結させることで、何かから自分を守ろうとしているのかも。ここに、なにか「怖れ」が潜んでいるような気がします。

この正体はまだまだ自分でもよくわからないので、引き続き考えていきたいテーマです。

「読んだ人にどうなってほしいか?」をイメージすることは、具体的に届けたい人をイメージするということ。

同時に、自分が本当に届けたいメッセージに真摯になるということ。

そうして丁寧に丁寧に磨いたボールを、相手が受け取りやすい形で投げられるように、しっかり向き合っていきたい。

この講演会は、「発信」というテーマについて、たくさん考えるキッカケとなりました。

他の参加者さんは、またそれぞれの立場でいろいろな受け取り方をされたようです。

由美子さん、ご一緒した皆さん、ありがとうございました!!!


なかじまさちこ(サチカメ!)

愛媛県西条市は丹原という長閑な土地を拠点に家族写真の出張撮影をしています。アニバーサリーだけでない日常写真の良さ、写真を形に残していくことの良さを伝えたい!...

プロフィール

関連記事一覧