心の中に、いつも静けさを。初めてコラージュをやってみた。

先日、初めて「コラージュ」を作ってみました。

雑誌などの切り抜きを紙にぺたぺた貼り付けていくあれです。

周りでも個人的にやっている人やワークショップを開いている人もいて、SNSの投稿を見るたびにいつも気になっていたけど、なかなかその機会が持てずにいました。

ある日、私が尊敬しているある方とランチをさせていただいたとき、その方もコラージュを定期的に作っているお聞きして。

「おすすめよ〜」と言われたらもうやるしかない!

帰ってからすぐに取り掛かりました。

できあがったのがこちら、じゃーん。


▲はじめてのコラージュ。人に見せるのってちょっと恥ずかしいね(笑)

トータルで90分くらいかかりました。

とにかく自分の好きなもの、好きな世界観を、、、と思って切り貼りしたのですが、

最後の方に真ん中の一番大きな写真に出会えたときは「これだー!」と思いましたね。

— 日常の喧騒に巻かれながらも、いつも心に静けさを持っていたい。

そんな感じでしょうか。

コラージュとの付き合い方

私はこのコラージュを、いつもPC作業をする机の目の前に貼っています。

疲れたな〜、と顔を上げると目にこの景色が飛び込んできて、思わず深呼吸。ふ〜。

真ん中に貼ってあるフレーズ「のんびりできるのは ゆたかなあかし」を見ると、さらに心が落ち着きます。

写真も文字も、他(雑誌)から借りてきたものだけど、それらを選んで組み合わせたのは自分。

そこには自分の内面が現れていて、いつでも自分を応援してくれるものになるんだと実感しています。

コラージュをやってみたい人へ

コラージュをやってみたいけど、なかなか重い腰が上がらないという人は、もしかしたら「ちゃんと準備しなくてはいけない」と思い込んでいるのかもしれません。

実は私もその1人で(!)

いつも気になりつつできなかったのは、いろんなジャンルの雑誌をバランスよくそろえておかないと、コラージュができあがる前にある程度方向性を示唆することになるんじゃないか? それでは本物ではないんじゃいか? と思っていました。

でも、そんなことはないのかもしれません。

私は、写真系の雑誌、育児系の雑誌、ファッション誌でもナチュラル系のものしか家になかったので(あと、フリーペーパーもいくつか混ぜて)、あるものでやってみたのですが、

似た系統の雑誌の中でも切る取るものは切り取るし、切り取らないものは切り取らない。

できあがった全体像もなんとなく「しっくり」くるものだったので、これでよかったのかなぁと今では思っています。

———

もし、コラージュが気になっている人がいたら、3冊の雑誌から始めてみてください。

「わたしがピンときたものを切って、貼る」

それ以外にルールはありません。

ぜひぜひ、お試しあれ〜。


中島佐知子(サチカメ!)

”お客様の日常に寄り添い、何度も見返したくなる写真”をモットーに出張撮影のフォトグラファーをしています。杉並区在住。二男一女の母。

プロフィール

関連記事一覧