• HOME
  • サチカメ!の出張撮影

サチカメ!の出張撮影

四人家族のマタニティ記念写真お腹の中の子におーい
シニアのご夫婦と愛犬菜の花畑の春の公園で
電信柱の陰から小学生の親子が顔を出す飛び出し注意の看板
ニューボーンフォト撮影の休憩中、ミルクの後新生児をげっぷさせている
入学ランドセル菜の花ママ
入学ランドセル菜の花ママ
入学ランドセル菜の花
入学ランドセル菜の花
入学ランドセル菜の花
入学ランドセル菜の花
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

出張撮影への思い

サチカメ!は、「日常」を大切にしています。
日常をいかにおもしろがれるかが人生を楽しむコツであり、日々くりかえされる営みの中にこそ心震わされる瞬間があります。

一日一日が二度とは訪れない特別な日。その瞬間をつなぎ合わせ、「物語」にしてくれるのが写真です。

日常の瞬間を見えるカタチにする「出張撮影」
それを手に取れるカタチにする「フォトブック」

サチカメ!は、あなたの日常にあふれる輝きをカタチにします。

撮影プランを見る

撮影を依頼する

サチカメ!の出張撮影の特色

大切にしていること

▷ ご家族が普段見ているような自然な笑顔を引き出すこと
▷ ご家族の一番そばにいる存在として、起こることを見守り記録すること
▷ 撮影自体が楽しい思い出になるような雰囲気作り
▷ 写真のクオリティ、一枚の画としての美しさ

ふとした仕草や日常のやりとりまで、ご家族と過ごした時間を余すことなく撮影します。ときに盛り上げ役になり、ときに傍観者となり、その時間ご家族の一番そばにいる存在として、起こることを見守り記録します。

わたしは、10歳7歳3歳の子どもを持つ母として、わが子の写真を長年撮ってきました。子どもは大人の予想外の動きをします。だからシャッターチャンスは突然やってきます。

何度も何度も失敗しました。写真に収められなかったシーンも数えきれないほどです。悔しい思いも何度も経験する中で、「普段からアンテナを張り、対象をよく観察すること」「心が動いた瞬間にシャッターを押すこと」をずっと鍛錬してきました。

サチカメ!の出張撮影では、そうやって身につけてきた視点発見力、それに反応できる瞬発力を存分に発揮して一枚一枚を丁寧に収めていきます。

七五三姉妹姉が妹の手を取る

七五三父と子後ろ姿シンクロ

七五三横断歩道渡る

構図を決めて、ポーズを指定して撮った写真が素敵なのはある意味当たり前です。「プロに撮ってもらった」という実感がわくのもこういう写真でしょう。

桜吹雪の中の四人家族の集合写真

四人家族のマタニティ記念写真お腹の中の子におーい

シニアのご夫婦と愛犬菜の花畑の春の公園で

ですが、それ以外の「何気ないシーン」をしっかりとらえ、構図としても美しい写真にできるフォトグラファーはそう多くはありません。

記念的な写真を撮れるのは当たり前のこととして、どこにフォトグラファーの力量が現れるかといったら、それは、「何気ないシーン」の切り取り方でしょう。

そして大事なことは、何気ないシーンにこそ家族の良さや思い出が現れるということです。

あなたや、あなたの大切な家族の写真を撮る人を選ぶ際は、こういう視点でも見極めていただけたらと思います。

ニューボーンフォト撮影の休憩中、ミルクの後新生児をげっぷさせている

桜の樹の下で姉妹が仲良く座っている

電信柱の陰から小学生の親子が顔を出す飛び出し注意の看板

「とりあえず記念の写真を数枚撮ってもらえればいい」
「SNSでいいね!がたくさんつくような、かわいい写真だけを撮ってもらえればいい」
「笑顔の写真じゃないと価値がない」

という考えの方には、サチカメ!の撮影スタイルは合わないかもしれません。

わたしたちが生きていくなかで出会うどんなシーンも平等に価値があります。とりわけ、日常を大切にし、その質をいかに高められるかで人生の面白みが変わってくるのです。

わたしの価値観に共感し、作風を気に入っていただける方と撮影を通じて出会えたらこの上なく幸せです。

撮影シーン

お宮参り、七五三、入園入学などのセレモニーに。
お誕生日や結婚記念日、長寿祝いなどの記念日に。
旅行先やお出かけ先で。
とある日曜日に、大好きなこの街で。

ご家族が集う場に出張し、撮影いたします。
こんな撮影シーンはどうだろう?というご相談もお気軽に。

撮影プランを見る

撮影を依頼する

サチカメ!の出張撮影にはミニフォトブックがつきます

毎日の何気ない瞬間瞬間にこそ奇跡のような感動がある。

子どもが生まれ、自分の人生が自分だけのものでなくなった頃から、わたしは「日常」というものの貴重さを噛みしめるようになりました。

ともするとバタバタと過ぎ去ってしまう毎日。だけど、振り返るとちゃんとそこには大切な何かがあって、その積み重ねを感じることがわたしたちの生きる力になっていくのではないでしょうか。

そう、人生はいかに日常をおもしろがれるか、瞬間瞬間を楽しめるか、で変わってきます。

瞬間瞬間をしっかり味わおうとしたとき、手に取れるカタチとなった「フォトブック」は最適なパートナーとなります。

一枚一枚の写真にも味わいはありますが、ストーリーとしてまとまったフォトブックの味わいはまた格別です。そのときの心境と相まって、めくるたびに異なる景色を見せてくれます。

わたし自身もプライベートで何冊かフォトブックを作ってきましたが、自分たちの写真が載ったフォトブックを見るのが、子どもたちは大好きなようです。一緒にページをめくる時間は至福です。

だから、サチカメ!の出張撮影でせっかく撮影をしていただいたなら、その後も長く味わえるものを残していきたい。

そんな思いから、すべての撮影に「オリジナルミニフォトブック(※)」をおつけしています。
※旧称:フォトブックレット

仕様

A5横サイズ 8〜16P

ミニフォトブックの表紙
ミニフォトブックの中身
ミニフォトブックの裏表紙

納品枚数によりページ数は異なります。およそ20〜30カットを使用します。
3冊〜のセットでのお届けですので、ご親戚への贈り物やお子さまが独立する際のはなむけに最適です。

※4冊目以降の増刷は1冊1,200円〜にて承ります。

仕様に関しましては、こちらの記事も参考になさってください。

お客様の声

お客様からはこのようなお声をいただいています。

「先日、無事にフォトブック、届きました。大好きすぎますこの写真‥。本当に、よい時間を撮って下さり一生もののものでした。」

「素敵な写真とニヤリとしてしまう写真とが入っていて、当日の撮影も思い出せる良い記念のブックレットになりました!実家の両親も素敵な仕上がりにびっくり喜んでました。」

オプション

ミニフォトブックは、表紙と中身の紙が同一のカジュアルな装丁になります。ハードカバーの表紙など、本格的な装丁のフォトブックをご希望の方はオプションで制作を承っております。

最初からミニフォトブックの代わりに本格フォトブックをご希望の場合は、ミニフォトブック分の代金をお値引きさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

撮影プランを見る

撮影を依頼する